相談所で出会った人

結婚相談所 埼玉私が結婚相談所で出会った人のことについて、触れてみましょう。

これは15年ほど前のことです。

今もある有名な結婚相談所を利用したときに会うことになった男性がいました。

彼は当時30歳になった私よりも一回り以上も上の43歳でした。

見た目には若く見えましたが、少し小柄で営業をしていくこともあって、よくしゃべり、口はうまかった気がします。

一度目にお会いしたときには最寄りの駅でした。

そのまま行きつけのスナックのようなところに行きました。

普段から行き慣れている感じのお店で、ママなどとも親しげに話す姿が見られましたし、私もいろいろな話をしたりしました。

カラオケをしたり、食事をしたり、お酒が苦手は私は話を聞きながら時間が過ぎていくのを感じていました。

次のお誘いがあったのは翌日のことです。

その週にもう一度会いたいということだったので、会うことにしました。

そのあたりからその男性の人間性が出てくるようになりました。

かつて結婚をしていたようで、その時の奥さんだった人の写真や話、結局逃げられてしまったことなども聞かされました。

また、自分が若かった大学生くらいの時の写真を自慢げに見せてきて、コメントを求めたりするような場面もありました。

その場ではそれなりにリアクションをして聞いてはみたものの、自分には合わない人だと感じるようになりました。

そのあとも誘いの連絡があったのですが、とても相手をしていることができないと思い、連絡を取るのをやめました。

向こうからすると、私はとても都合がよく、結婚をするにはいいと思える女性だったのかもしれないのですが、一生このような話を聞いて生きていくのは無理だと思いました。

埼玉の相談所で出会った人でもいろいろな人がいると思いました。

結婚をする相手は一緒にいて疲れない、自然にしていることができる人が一番いいと思うようになりました。

毎日の生活で歩みよることができるレベルとそうでないレベルがあるものです。

カテゴリー: 埼玉の結婚相談所 パーマリンク